スタッフブログ

2017年1月14日 土曜日

お子様の定期的な口腔内チェック

レイ歯科矯正歯科院長の新保です。
2017年も明けて早いもので、半月がたとうとしております。
今年も、皆様のお口の健康を守りたい所存でございますので、宜しくお願いいたします。

新年明け、つい先日のこと、少し間があいてしまっていたのですが、お子様が定期健診に来てくださいました。
お母様も仕上げ磨きを丁寧に行ってくれており、初診時でもムシバゼロでしたので、安心していたところ...
悲しいことに、ムシバができているではありませんか...。

やはり、定期的な歯科でのチェックは、あまり間をあけずに来ていただきことをお勧めいたします。子供のムシバは、進みが早く、少しの時間でも進んでしまいます。

また、幼稚園に入るまでは、お菓子のデビューなど、お母様のコントロールが効くかと思いますが、幼稚園でのお友達との関係で、お菓子デビューが進んでしまうこともあります。お菓子のバラエティーが増えるとともに、ムシバのリスクも高まります。
そのような時は、いつもにもまして定期健診が重要です。
ママ友同士の関係性も保ちつつ、お子様の口腔内を守るのは大変かと思いますが、お母様達もつられお菓子についつい流されず、断り上手になることも、お子様のお口の中を守ることにつながります。

乳歯は、抜けてしまいますが、永久歯がムシバになってしまうと取り返しがつきません。
乳歯のうちから、良い習慣をつけ、乳歯の頃からムシバゼロを目指していただきたいと思います。








投稿者 レイ歯科・矯正歯科