スタッフブログ

2018年4月10日 火曜日

口腔機能のお話

桜の花もすっかり新芽に変わり日ごとに温かくなってきましたね。 まだ、気温差が激しいので体調を崩さないよう気をつけて下さい。 本日は、口腔機能についてお話したいと思います。 口腔機能とは、離乳食時期から噛む学習と訓練により習得されます。 この学習により、噛み合わせや唇の自然な姿になり、未熟な習得では、終生にわたり 不自然な形になってしまいます。 不自然なお口のチェック項目 1. 唇 2.舌 3.上顎の内側 4.乳歯列 5.横の歯の萌出位置 6.顔面 7.姿勢 8.呼吸 9.習癖 10.発音 などです。 口唇のチェック項目 1.上唇が山形になっていないか? 2.唇の硬さ軟さは、どうか? 2.口角は、下がっていないか? 4.唇の粘膜部が見えていないか? 5.あごに緊張は、ないか? 完成期までに、噛み方が悪く唇、舌の使い方、噛み合わせの調和がとれて いないと、お口ポカンだったりぺちゃぺちゃ食べになってしまいます。 以上の点に注意し1つでも該当があれば早めに歯科に相談して下さい。 早期に治療し健やかな口腔機能へ導きましょう。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科