スタッフブログ

2019年4月23日 火曜日

「お口ポカン」予防トレーニング

こんにちは。あっという間に桜も散り、気温も上がり過ごしやすい季節になりました。
ここら辺では、町会ごとのお祭りの準備も始まり盛り上がってきますね。

前回「お口ポカン」について書きましたが、今日は、「お口ポカン」や姿勢の悪さなどを
改善する為のトレーニングについてお話させて頂きます。
「舌の位置」が正しい方は、共通して
・表情が明るい
・血行が良い
・健康的
・鼻呼吸をしている

と言う点が上げられます。お口がポカンと開いている癖の事を「口腔習癖こうくうしゅうへき」と言いますが
「口腔習癖」を直し「お口ポカン」を改善する為の基本的なトレーニングをご紹介します。
1、 スポットの位置を覚える 
上の前歯の中央部分に歯茎の膨らみがあります。その膨らみ部分がスポットです。
お子さんがわかりにくい場合、親御さんが綿棒などで軽く押してあげたりして教えてあげて下さい。

2、 ストローで舌の位置を覚えてお口を閉じる
舌の歯の上にストローを置き、舌をスポットに付けストローを噛んで唇を閉じる
そのまま3分から始めだんだん時間を延ばす。(最大20分)

3、 舌を上にキープする「舌の力」をつける
舌の先をスポットに付けそのまま舌全体を上顎に吸いベッタリ付ける。
吸い上げたまま5秒数える。舌をポンッと弾くように下に下ろす。(10回)

4、 お口を閉じる筋肉をつける
下唇で、上の唇をグーッと引っ張る(10秒)
上唇の内側に空気を入れる(10秒)

5、 唇と表情筋を鍛える
「い」の口をして、口角をギュッと上げる。この時、眉、目、頬、上唇も思い切り引き
上げる。(3秒)
「う」の口をしてお口を思い切りとがらせる。(3秒)
6、 鼻呼吸と正しい姿勢を覚える
壁にかかと、ふくらはぎ、おしり、肩甲骨、後頭部を付け腰に手が入らないようまっすぐ立つ。(3分)
手はおへその舌に添えて、そのままお口を閉じて鼻でしっかりと呼吸する。(3分)

7、 鼻で深―い呼吸をする
足の裏全体で立ち、足を肩幅に開きまっすぐ立腕ち、腕を後ろに回し手を組む
姿勢が崩れないよう組んだ手を後ろにひっぱり、そのままお口をしっかり閉じて鼻で腹式呼吸をする。(3分)

以上のトレーニングを通じ「お口ポカン」を直し健康的な口元を作りましょう。
ぜひ1度試してみて下さい。


投稿者 レイ歯科・矯正歯科