スタッフブログ

2022年8月29日 月曜日

子供の歯ぎしり

子供の歯ぎしり

子供の歯ぎしりを心配している保護者の方は多いのではないでしょうか。

よく精神的なストレス??と言われていますが、一概にそうとはいえません。
何故なら子供の歯ぎしりは歯列・咬合の発達段階における生理的な現象とも捉えられています。

例えば、2歳前後で起こる歯ぎしりは、嚙み合わせを作っていく過程の生理現象で起こり、
6歳前後で起こる歯ぎしりは、永久歯と乳歯が混在する時期にあたるため、噛み合わせが不安定になる事で起こると言われています。
その為子供の歯ぎしりに過度な心配はいりません。

但しあごがだるい、口が開きにくい、耳が痛い、歯の噛む面がすり減りしみる、等の症状がみられるときは、歯科医院での相談をお勧めします。


投稿者 レイ歯科・矯正歯科

カレンダー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30