スタッフブログ

2018年10月 3日 水曜日

プレママと赤ちゃんの歯と口の健康について

10月に入り、運動会や遠足など学校行事が増え、それぞれせわしい季節の始まりです。
実りの秋、ハロウィンまで町はかぼちゃ色が増えてきますね。

今月より「プレママと赤ちゃんの歯と口の健康」についてお話したいと思います。

妊娠に伴う母体の変化と口腔内への影響
1. ホルモンバランスの変動
妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が増えると口周病原細菌が増殖しやすくなり妊娠前よりも歯周病を発症しやすくなります。

2. 免疫反応の低下
妊娠すると、血管の透過性が高くなり歯肉が炎症や出血を起こしやすくなります。
また、胎児を異物と見なさないよう母体の免疫が一時的に低下することにより細菌に対する抵抗力が弱くなり、歯肉炎から歯周炎への悪化を招きやすくなります。
3. 唾液の質の変化
妊娠すると唾液の粘り気が高まり、口腔内の自浄性が低下しプラーク(歯垢)の増加につながります。
その為に、「今までと同じにはみがきしても、歯茎から血がでる。」「口の中がねばつく」「歯垢がたまりやすくなった」などといった訴えをよくお聞きします。

つわりがもたらす生活習慣の変化と口腔内の影響
つわりは、妊娠初期に特に見られ、感じ方には個人差がありますが食事や歯磨きなどの生活習慣に影響することもあります。
1. 食生活の変化
つわりの時期には味覚、臭覚が敏感になり①食べられるもの限られる②吐き気を感じて食欲不振になる③何かしら食べていないと吐き気を感じる(食べづわり)など、食事の嗜好や食べ方に変化が見られるほか、妊娠後期になると大きく成長した胎児に胃を圧迫され少量づつ数回に分けて食事をとることが増えてきます。

2. 口腔ケア不足
妊娠中は、歯ブラシを口の奥まで入れると吐き気を感じ、奥歯の歯磨きが不十分になることがあります。
また、食事回数に歯磨きが追い付かず口腔環境が不良になりがちです。
その結果、う蝕発生や妊娠性歯肉炎を発症したりすることがあります。
安定期に入り、体調が落ち着きましたら地域の「妊婦歯科検診」を受診し予防に努めて頂きたいと思います。   

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年9月15日 土曜日

意外と怖い食いしばり(クレンチング)

暑い夏も終わり、やっと暑さから解放されほっと一息できる季節になってきました。
季節の変わり目、疲れが出やすい時期ですので健康管理には、お気を付け下さい。

今日は、食いしばり(クレンチング)のお話をさせて頂きます。
 クレンチングとは、本人は、「食いしばっている」自覚なくいつも歯と歯を噛みあわせている人の動作を「クレンチング」と言います。
上下の奥歯と奥歯が深く噛みこんでいる場合、歯列が窮屈な関係ではまり込んでいる方に起こりやすい癖です。
睡眠時に長時間クレンチングをされている方は、アゴの筋肉の疲れや頭部、頸部の筋肉の疲れから頭痛や首、肩の痛みが生じます。
 クレンチングは、上下の歯の噛みあわせとも深い関係を持っており、歯と歯を噛みあわせるたびにあそびがない事が、クレンチングを誘発すると考えられています。
ご自分で、このような癖があると思い当たる方は、常に気をつけ、治らない場合は歯科医などと相談し、早めに対策をしたほうが良いでしょう。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年8月16日 木曜日

頭とアゴの関係

こんにちは!8月も半ばになり連日の猛暑に少しバテぎみですが、皆さんは体調などくずされていないでしょうか? 暑いと食欲も低下し、体力も落ちてきてしまうので、さっぱりとしつつ栄養もしっかりとれるメニューを考えたいところです。 今日は、顎の位置と体幹についてお話させて頂きます。 頭は、多数の筋によりバランスを保っています。顎は、舌骨と言う骨を介して胸の骨とつながっています。 そして頭とアゴは、左右一対の関節と咀嚼筋によってつながっています。 この為、噛み合わせやアゴの位置は頭とアゴの関係だけでなく、全身の姿勢に強く影響されます。 体に対し、頭の位置に無理があると筋肉の緊張により頭痛や肩こりの原因になります。 人は、脳の容積の増大と引き換えに、物を食べるためのアゴや筋肉を退化させてきました。 その為、貧弱なアゴと頭蓋部の筋肉で、数倍になった脳を支えている為人間は頭痛や肩こりが起きやすい生き物になってしまったのです。 体のバランスと噛みあわせの関係は、このように密接に関係しています。 新保

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年7月26日 木曜日

顔のバランス

連日の猛暑もひと段落したと思ったら今度は、台風が接近し今週末の隅田川の花火がとても心配です。皆様もお身体ご自愛くださいね。 今日は、顔のバランスについてお話させて頂きます。 顔が左右非対称に見えるのは、筋肉の非対称と骨の非対称、そしてあごや噛み合わせの偏りの為です。 それらの理由は、さまざまですが、顔の外から加えられた力、左右どちらかに偏った顎の使い方、不正な噛み合わせ、姿勢の影響など いくつもの要因が互いに原因となり、影響し合い顔の非対称が生じます。 うつぶせ寝や、ほおづえ、口の癖など気づかず歪みの要因を自分で作っていることも多々あります。 表情筋は、うすい筋肉になり首の前に広がっている為、激しい緊張や興奮は、首にも表れます。 表情筋の内側には、顎を動かす大きな筋肉があります。 この筋肉は、体を持ち上げるほどの非常に大きな力を発揮しますが、使いすぎるとボディビルダーのように太くなりすぎ、アンバランスが生じます。 また、頭蓋を支え、首を回転させる筋肉のバランス次第で首は、傾きます。 このように、顔のバランスは、お口のまわりだけじゃなく、首や姿勢なども噛み合わせには非常に大きく影響をおよぼします。 次回にまた、その辺のお話をさせて頂きます。 新保

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年6月 7日 木曜日

フッ素についてⅡ

こんにちは! いよいよ梅雨に入りましたね。今年の梅雨は雨風や台風が来るかもしれなく雨量が多いと言っていましたが、実際はどうなるのでしょう・・・・?! ジメジメした毎日ですが心だけでもさわやかな日々を送りたいものです。 前回、フッ素のお話をしましたが今日はその続きを書きたいと思います。 「歯科医院で行うフッ素について」 ・フッ素を塗る間隔は? 自宅で行う低濃度塗布のフッ素も虫歯予防になりますが、出来れば歯科医院にて高濃度のフッ素を3か月~6か月に1回通院して行う事をおすすめします。 ・フッ素塗布を始める年齢は? フッ素は、歯を強化する働きもあるため歯が生え始めたばかりの赤ちゃんにも有効です。 乳歯が生えそろう1歳頃から歯科医院に通院しフッ素塗布を受けるのが良いでしょう。 ・小さなお子さんの初期の虫歯治療にも使います まだ、小さく一般的な虫歯治療が難しいケースや初期の虫歯には、高濃度のフッ素を塗ることで治療の変わりとすることもあります。 手順としては、口内をクリーニングした後、フッ素を塗布します。これにより、虫歯の進行を止める働きがあります。 「自宅で行うフッ素とは・・・」 ・自宅で行えるフッ素塗布は、歯磨き粉、ジェルタイプ、洗口液の3通りあります。 いずれも、「モノフルオロリン酸ナトリウム」「フッ化ナトリウム」と記載のあるものを選びます。 歯磨き粉やジェル状のものは、すすぎは軽くすませましょう。 フッ素洗口液は、お子様の飲み込みなどに気を付けましょう。 ーまとめー フッ素には、虫歯予防に高い効果があるとされる反面「人体に悪影響があるのでは?」と 不安に思う方もいらっしゃいますが、使い方や適量を守って塗布すれば人体に悪影響を及ぼすことなく 高い虫歯予防を期待できる頼もしい存在です。何か、不安な点がありましたら遠慮なく専門医にお尋ね下さい。                                                                   新保

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL