スタッフブログ

2018年5月30日 水曜日

フッ素のお話

町中のあじさいが鮮やかに色づき始め、梅雨の足音がすぐ傍まで聞こえてきていますね! 雨の日は、気分も今一つ上がりませんが雨上がりのあじさいの花の鮮やかさに下がったテンションも一気に上げてもらえる気分になります。 本日は、フッ素についてお話したいと思います。 1 フッ素は、なぜ虫歯予防になるの?   食事をすると、酸によって歯に含まれるカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出します。しかし、通常では唾液が働いて溶け出した成分を元の状態に戻してくれます。 この働きを「歯の再石炭化」と呼びます。 その「再石炭化」を助けるのがフッ素です。唾液中にフッ素イオンが存在していると溶け出したカルシウムがより多くのエナメル質に再吸収されて「再石炭化」を促進し、歯の修復を促すので、出来始めの虫歯を治療し、健康な歯を保ってくれるのです。 フッ素は、歯の表面のエナメル質の成分と結びつき「フルオロアパタイト」と言う硬い構造を作りあげます。この働きにより、ミネラルが溶け出しにくく虫歯になりにくい強い歯にしてくれるのです。 フッ素は、虫歯菌の活動を抑制する働きも持っています。フッ素は虫歯菌の出す酸の量を抑えることが出来、酸により歯を溶かされることがなくなり虫歯を予防する事が出来るのです。 2、フッ素のデメリットって? 通常学校などで習うフッ素は元素記号「F」で表され、単体分子は、常温では気体で空気よりやや重くガラスやプラチナまでも溶かしてしまう「猛毒」の要素を持っています。  そんなフッ素ですが、単体で存在することはなく、自然界では土、川、海、植物など地球上のあらゆる所に含まれており、地球上で暮らす生物は皆フッ素を取り込みながら生きています。 現在、歯科で使われている「フッ素」は、猛毒の単体「フッ素」とは異なる複合体としての「フッ化物」です。正しくは「フッ化ナトリウム」です。 「フッ化物」には「フッ素」ほどの毒はなく、「フッ化物」としての使用法、量や濃度の制限があり、そのような事を守り正しく使用すれば、人体に悪い影響を及ぼすことはありませんので過剰に神経質になる必要は、ないでしょう。 本日は、この辺で、また次回フッ素の続きを話させて頂きます。                                                                            新保  レイコ

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年5月16日 水曜日

BBDAパーティ

IMG_0152bbdaパーティ.jpgハーバー2.jpg 新保です。5月も半ばになり、寒かったり暑かったり天候も不順ですが、皆様いかがお過ごしですか? 先日、2月に参加したボストンハーバード大学の研修会で講義をして下さった先生方が、BBDAキックオフパーティ出席のため来日されまして、パーティ及びセミナーが行われました。 私も、参加させて頂き憧れの先生にも再会でき、他の2月の研修でご一緒した懐かしいメンバーの先生方にも、お会いする事ができて楽しいひと時を過ごす事が出来ました。 次の日に開催されたセミナーにも参加し、ボストンでの講義を思い起こし充実した週末になりました。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年4月24日 火曜日

ハーバード大学歯学部研修

ハーバード.jpg こんにちは。レイ歯科の新保です。 2月から、また噛み合わせのセミナーのオブザーバー参加が始まりました。 今回は、きちんと消化出来るよう拝聴したいと思います。 また、2月には、患者様やスタッフ、家族の協力があり、ハーバード大学での歯学部の研修会に参加させて頂きました。 様々なジャンルの講義を受け、勉強熱心な先生方と知り合えて大変刺激になりました。 アメリカの保険制度は、日本とはかなり違い、歯科は含まれていないことが多く、高額な治療となります。 お金をかけられる方は、最先端で高度な治療を受けられ、かけられない方は、最低限の治療しか受けられない現実があります。 低所得者の為のヘルスケアセンターも見学させて頂き、とても勉強になりました。 改めて、日本の保険制度は本当に手厚いと思いました。 17年間ハーバードで教鞭をとり、今回のセミナーでもプランニングや受講生の為にご尽力して下さった女医先生と出会う事が出来、とても素敵で憧れてしまいました。 また、先日5月に憧れの女医先生と再会できる会のお知らせを頂き、今から楽しみにしています。 日々学んだ事をレイ歯科・矯正歯科の患者様に還元できるよう研鑽をつんでいきたいと思います。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年4月10日 火曜日

口腔機能のお話

桜の花もすっかり新芽に変わり日ごとに温かくなってきましたね。 まだ、気温差が激しいので体調を崩さないよう気をつけて下さい。 本日は、口腔機能についてお話したいと思います。 口腔機能とは、離乳食時期から噛む学習と訓練により習得されます。 この学習により、噛み合わせや唇の自然な姿になり、未熟な習得では、終生にわたり 不自然な形になってしまいます。 不自然なお口のチェック項目 1. 唇 2.舌 3.上顎の内側 4.乳歯列 5.横の歯の萌出位置 6.顔面 7.姿勢 8.呼吸 9.習癖 10.発音 などです。 口唇のチェック項目 1.上唇が山形になっていないか? 2.唇の硬さ軟さは、どうか? 2.口角は、下がっていないか? 4.唇の粘膜部が見えていないか? 5.あごに緊張は、ないか? 完成期までに、噛み方が悪く唇、舌の使い方、噛み合わせの調和がとれて いないと、お口ポカンだったりぺちゃぺちゃ食べになってしまいます。 以上の点に注意し1つでも該当があれば早めに歯科に相談して下さい。 早期に治療し健やかな口腔機能へ導きましょう。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2018年3月 6日 火曜日

噛み癖のお話

日ごとに温かくなり、毎日春の訪れを楽しめる季節になってきましたね。 本日は、噛み癖についてお話させて頂きます。 噛み癖とは・・・一部の歯ばかりで噛む癖を噛み癖と言います。 例えば、前歯ばかりや片方の奥歯ばかりで噛んだりする事です。 乳歯は、前歯から生えてくるのでついつい前歯ばかりを使いがちになってしまいます。 奥歯期になったら、注意深く観察し奥歯を使い左右で噛む習慣をつけていきましょう。 テレビを見ながらの食事は、片側噛みになりやすいですので注意してあげて下さい。 決まった歯ばかりで噛んでいると顔が非対称になったり、口元のバランスが悪く なったり、姿勢にも影響を及ぼします。 噛みあわせが悪くなると、頭痛や肩こりなど体調にも影響がありますので、噛みだしのこの時期から親御さんで注意深く観察願います。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL