スタッフブログ

2019年8月14日 水曜日

Dr.不在のマウスピース?!

お盆休みが始まり、空や道路など日本で一番混む時期に入りましたが、大型台風が
近づいて来てしまい帰省した皆様の交通の乱れなど、とても気になってしまいます。
早く、熱帯高気圧になって消えてほしいと願うばかりです

今日は、先日ある書面を見ていて気になった事がありましたので触れさせて頂きます。
そこには、「ネット上で、歯科医師の介入なく作られたマウスピース型製品が販売され、歯列改善への有効性を謳う製品が出てきている。」と言う事でした。
すでに、日本矯正歯科学会は、HPで「歯科医学的にも非常に危険」との注意喚起を出しています。「矯正歯科治療は、正確な診断や精密な治療計画に立脚して行われるべき医療行為であり、誤ったマウスピース型製品の使用は、予期せぬ問題を引き起こす可能性がある。」と指摘しています。
マウスピース型矯正装置による治療は、その利点・欠点を踏まえた適応性の判断や専門知識を要する事から「大学病院等や学会が認めた研修機関にて十分な矯正学を学びトレーニングを受けた歯科医師による治療を推奨する」としています。
私自身、まったくその通りだと共感させて頂き、より多くの方に危険性を唱えていきたい事柄だと思い、お話させて頂きました。
余談ですが、驚いた事に、先日、アメリカのハーバード大学との共同研究で研修に参加した際にお聞きしたのですが、アメリカでは、Dr.不在の店舗にて口の中の状況をデジタルスキャナーで取り込み、それに合わせて3Dプリンターで製作された物を受け取るようです。合理的なアメリカらしい発想ですが正しい歯列矯正学的観点からは、だいぶかけ離れているように思えます。ご自分の大切な歯・・・装置の選択には慎重に・・・。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2019年7月31日 水曜日

虫歯を誘発「スポーツドリンク」とは?

こんにちは。長かった梅雨が終わりやっと夏らしい日が訪れましたね。 
気温が上がらず毎日曇りや雨の時には「夏はいつ来るのかね?」などと話し
暑くなり太陽さんさんになると「暑すぎる~!!」などと言い人間は、わがままなものだとつくづく思います。日々自然の恵みに感謝し、たくましく生活したいものですね。

今日は、これからの暑い夏にぴったりな話題で「スポーツドリンク」についてお話したいと思います。
こう毎日暑いと、皆さん熱中症対策で水分補給は頻繁に行っている事と思います。
水分補給時にとる飲み物は、どんな飲み物を選んでいますか?
運動時や外出時にお子さんが「スポーツドリンク」を持っていくご家庭も多いと思いますが「スポーツドリンク」は、糖分が多く日常的に飲用していると虫歯をひき起こす要因になりかねません。当院でも、中学生になり、大人の管理下から離れ虫歯になる子が増えています。
実際にお茶と「スポーツドリンク」を用意し、1週間それぞれの中に歯をつけてみた結果、お茶の方は変化せず、「スポーツドリンク」の方は酸により溶かされ脱灰化が進んでいました。
通常歯は、pH5.5以下になると溶けて脱灰が進みます。
体内での吸収力も、蒸留水や糖分なしのお茶などの方が良く「スポーツドリンク」は虫歯になり、吸収もそれほど良くない・・・。では、何を飲めばよいのでしょうか?
それは・・・「経口補水液」です。「経口補水液」の成分の基本は、ぶどう糖2%です。
水分不足時の飲み物は、「経口補水液」をおすすめします。
「経口補水液」は、口から摂取できる「点滴」なのです。
下痢・嘔吐時の速やかな水分補給なども「経口補水液」が適しています。
これからの季節、食中毒や熱中症には、くれぐれもお気を付け下さい。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2019年7月23日 火曜日

「口臭」について

こんにちは。
前回のブログから少し開いてしまいましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか?
7月は、日照時間が少なく気分も上がらない日々が続きましたが、これから暑くなりますので体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

今日は、「口臭」についてお話させて頂きたいと思います。
口腔環境を知るうえで「口臭」問題は重要な役割をはたしています。
体調が悪かったり、寝起きであったり「口臭」について気になる方は、多いのではないでしょうか?
一般的に、「口臭」は、歯周病が原因で起こる事が多いので、歯周病の多い大人の方によく現れる症状です。歯周病になる事が少ない子供の「口臭」が気になるようでしたら
何かの要因が疑われます。
1つ考えられるのは、虫歯です。虫歯が進行するとミュータンス菌が独特の匂いを発します。歯磨きが不十分で食べかすなどが残っていると虫歯になりやすいので注意が必要です。
その他に考えられるのは「口呼吸」です。
寝ている間や何かに夢中になっている時に、お口ポカンで「口呼吸」になっていませんか?通常、子供は唾液の分泌量が多く口の中の自浄作用も強いので「口臭」問題は少ないはずなのですが、お口ポカンで「口呼吸」の習慣がついていると口の中が乾燥してしまい雑菌が繁殖しやすくなり、「口臭」の原因になる事があります。
雑菌が繁殖すると舌に「舌苔」という白い苔のようなものが多く付着するようになりそれも「口臭」の原因になります。
また、ストレスや胃腸の状態なども関係する事があります。
ストレスや胃腸の状態などは、歯科ではなく、すみやかに専門医師のいる病院でご相談する事を、お勧めいたします。
歯科的予防は、常にお口を閉じて鼻呼吸を心がけ、正しい歯磨きをして虫歯のチェックをする。「舌苔」が気になるときには、ゴシゴシとこすらず専用の器具で優しく取り除きましょう。お口が渇かないよう適度な水分補給も忘れずに行って下さい。


ストレスは、大人だけでなくお子さんも多く抱えている場合も考えられます。
日ごろから、お子さんとのコミュニケーションをとり精神面のケアも心がけてあげて下さい。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2019年4月23日 火曜日

「お口ポカン」予防トレーニング

こんにちは。あっという間に桜も散り、気温も上がり過ごしやすい季節になりました。
ここら辺では、町会ごとのお祭りの準備も始まり盛り上がってきますね。

前回「お口ポカン」について書きましたが、今日は、「お口ポカン」や姿勢の悪さなどを
改善する為のトレーニングについてお話させて頂きます。
「舌の位置」が正しい方は、共通して
・表情が明るい
・血行が良い
・健康的
・鼻呼吸をしている

と言う点が上げられます。お口がポカンと開いている癖の事を「口腔習癖こうくうしゅうへき」と言いますが
「口腔習癖」を直し「お口ポカン」を改善する為の基本的なトレーニングをご紹介します。
1、 スポットの位置を覚える 
上の前歯の中央部分に歯茎の膨らみがあります。その膨らみ部分がスポットです。
お子さんがわかりにくい場合、親御さんが綿棒などで軽く押してあげたりして教えてあげて下さい。

2、 ストローで舌の位置を覚えてお口を閉じる
舌の歯の上にストローを置き、舌をスポットに付けストローを噛んで唇を閉じる
そのまま3分から始めだんだん時間を延ばす。(最大20分)

3、 舌を上にキープする「舌の力」をつける
舌の先をスポットに付けそのまま舌全体を上顎に吸いベッタリ付ける。
吸い上げたまま5秒数える。舌をポンッと弾くように下に下ろす。(10回)

4、 お口を閉じる筋肉をつける
下唇で、上の唇をグーッと引っ張る(10秒)
上唇の内側に空気を入れる(10秒)

5、 唇と表情筋を鍛える
「い」の口をして、口角をギュッと上げる。この時、眉、目、頬、上唇も思い切り引き
上げる。(3秒)
「う」の口をしてお口を思い切りとがらせる。(3秒)
6、 鼻呼吸と正しい姿勢を覚える
壁にかかと、ふくらはぎ、おしり、肩甲骨、後頭部を付け腰に手が入らないようまっすぐ立つ。(3分)
手はおへその舌に添えて、そのままお口を閉じて鼻でしっかりと呼吸する。(3分)

7、 鼻で深―い呼吸をする
足の裏全体で立ち、足を肩幅に開きまっすぐ立腕ち、腕を後ろに回し手を組む
姿勢が崩れないよう組んだ手を後ろにひっぱり、そのままお口をしっかり閉じて鼻で腹式呼吸をする。(3分)

以上のトレーニングを通じ「お口ポカン」を直し健康的な口元を作りましょう。
ぜひ1度試してみて下さい。

投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2019年4月11日 木曜日

お口ポカンの影響について

こんにちは!綺麗だった桜もそろそろ終わりを迎え緑の葉っぱが増えてきました。皆様それぞれ今年のお花見は楽しめたでしょうか?

前々回お口ポカンになる原因についてお話しましたが、今日は「なぜ、お口ポカンは、いけない」のでしょうか?
その1つは、口呼吸になってしまうと菌やウィルスが体内に入り込みやすくなり、病気を引き起こす原因になってしまうからです。

鼻毛には、ほこりや細菌などを体内に入れないようにフィルターの代わりをしてくれる役割がありますが、鼻の奥には、もっと高
性能な空気清浄化機能を備えた部位がありそこの部位を通り浄化され温められ、十分に加湿されて肺に空気が送られます。
口呼吸になると、十分に加湿されることなくフィルターも通っていないので、有害な菌を体内に入れてしまい喘息や肺炎などが起
こる原因になってしまいます。

舌の位置も大切です。本来、人は正しい位置に舌を置くことにより正しい上顎を形成し正しい上の歯が生え、しっかりと噛むことで
下顎も正しく成長します。
舌癖でお口ポカンの方で、舌が低位になってしまうと、あまり表情筋が動かなくなり頬の膨らみが乏しくなり、血色悪く不機嫌そう
な顔に見えてしまいます。
あごの成長で一番大切なのは、舌の位置です。舌が上の前歯裏の中央くらいに常に収まっていることで常に軽い圧力が加わり顎が、
成長します。

本日は、ここまでにしたいと思います。次回また少し補足させて頂きますね。


投稿者 レイ歯科・矯正歯科 | 記事URL