スタッフブログ

2018年1月16日 火曜日

完成期(3歳以降)パートⅣ

早いもので1月も半ばになってしまいましたね。今年も宜しくお願い申し上げます。

新年最初のお話は、3歳頃の完成期について書かせて頂きます。
「完成期」とは、乳歯が生えそろった段階を完成期と言います。
この時期は咀嚼と同時に飲み込みも上手になります。

良い飲み込み方とは、食べ物をゴックンとした時に喉の筋肉がわずかに動く飲み込み方です。飲み込む時に口や顎の筋肉が緊張してしまうのは、正しく飲み込めていない例ですので注意深く観察してあげて下さい。
初めて食べ物を口にした時から少しずつ段階的に正しい噛み方、咀嚼の仕方、舌の動きや顎の動きなどを覚えていき正しく出来るようになると自然な口元になってきます。

将来の「食べ方の基礎作り」のこの時期を大切にお子様と練習して頂きたいと思います。

この時期の注意点
・口を閉じてリズミカルに咀嚼出来ていますか?
・片側ばかりで噛まず両側の奥歯をきちんと使っていますか?
・口を開けたまま「ペチャペチャ」「クチャクチャ」と音を立てていませんか?
・食品をよく噛まずに大きなまま「ゴックン」していませんか?

上記に注意することによって、正しい噛みあわせが出来、歯並びが良くなり虫歯や歯周病などにかかりにくくなります。
ご家庭で実践して疑問や分からないことがありましたらいつでもご相談下さい。


投稿者 レイ歯科・矯正歯科